_
_

代表メッセージ

土屋 顕太郎

東信商事は
中堅中小企業・個人事業主様に対し、
商業手形割引を通して、緊急つなぎ資金を
ご提供し続けるために存在します。

代表取締役社長(6代目) 土屋 顕太郎

おかげさまで私たち東信商事は、平成29年4月28日に「設立85周年」を迎えました。
そして平成28年11月23日で、創業(前身の東信銀行設立)103年となります。
これもひとえに、皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。

大正2年に東信銀行として創業、昭和7年に東信商事株式会社を設立し、貸金業と不動産賃貸業に転身、商業手形割引を通して事業者様の緊急つなぎ資金需要にお応えしてまいりました。

ご商売を続けていくなかで、資金繰りに悩まれる経営者の方は少なくありません。そして、金融機関(銀行)は預金者から大切なお金をお預かりする立場から、必ずしも借り手の希望するタイミングと金額で融資できるとも限りません。その際お役に立てるのが私ども商手割引専門会社です。
近年は、リスケジュール申請中の事業者様や、私的法的にかかわらず経営再建中の事業者様の運転資金調達ニーズに商手割引でご支援させていただく機会が増えてまいりました。

「もっと早くに東信商事を知っていたら良かった。」という声が多く寄せられています。
縁あってお取引を頂いたお客様からのこのようなお言葉が励みになる一方で、まだまだ当社にはやれることがあるとの思いに駆られます。

100年の長きにわたる歴史の中で培ってきた商業手形割引の経験とノウハウ、実績、資金力といった強みを結集し、「許容範囲の広い手形審査力」と「迅速な対応」に、より一層磨きをかけていく所存です。
また、現場主義を貫き、すなわち、お客様との直接対話の機会を増やすことによってお互いの理解を深めていきながら、いざというとき、当社を資金面の「懐刀」としてご活用いただきたいと強く願っております。

会社存続のために全身全霊で日々のご商売に取り組んでおられる事業者様のお役に立てるよう、今後とも全社一丸となって取り組んでまいります。

       
2017年5月 吉日
代表取締役社長 土屋顕太郎

【代表者略歴】

  • 平成3年3月長野県立長野高等学校卒
  • 平成7年3月学習院大学経済学部卒
  • 平成7年4月さくら銀行(現三井住友銀行)入社
  • 平成14年9月三井住友銀行退職
  • 平成14年10月東信商事株式会社入社
  • 平成19年5月当社専務取締役就任
  • 平成24年5月当社代表取締役社長就任
03-3561-9801 03-3562-4005 メールはこちら
_