_
_

手形の基礎知識

手形の振出し、作成

法律上、記載要件を満たしていれば手形として有効ですが、実務上は必ず銀行から交付される「統一手形用紙」を用います。
手形を振出したい場合、銀行で当座勘定取引を申し込み、当座預金口座を作ります。銀行は不渡り(手形の金額が支払われないこと)を未然に防ぐため、振出人の信用を調査し取引の資格を確認します。ここで問題がなければ、手形用紙を銀行から購入でき、初めて振出しが可能になります。
手形の作成は、手形用紙に予め指示されている事項の通り、金額・振出日(通常は手形作成日)・受取人・満期日(支払期日)・住所・氏名(会社名、代表者名など)を記入し、銀行届出印を押します。
金額の記入は手書きの場合は漢字、アラビア数字の場合はチェックライター(印字機)を利用します。
受取人や振出日を未記入で渡した場合、受取人が補充することができますが、それ以外を未記入で相手に渡すことがないよう十分注意が必要です。
最後に、手形には収入印紙を貼り、割印(消印)をします。印紙がなくとも手形は有効ですが、印紙税法上、作成者が納税の義務があるため正しい金額の印紙を必ず貼ったうえで消印をします。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_