_
_

手形の基礎知識

手形の保管

手形を受け取った場合、まず、以下の必要事項が記載されているか確認します。
・署名が完全であるか
・金額が訂正されていないか
 金額を訂正された手形に関し、通常銀行は安全性の問題から支払いません。
・振出日の日付が満期(支払期日)より前か
・受取人名と第一裏書人名が同一か
 受取人名と第一裏書人名が一致していない場合、「裏書不備」という理由で支払が受けられません。
上記の点が確認できたら、必ず手形受払帳を用意し必要事項を記入します。手形の保管状況の管理や取立(支払いを受けること)依頼の確実な実行を行うためです。
手形は、必ず金庫などで厳重な保管が必要です。手形を紛失した場合、取引先や金融機関に多大な迷惑がかかることになるため、くれぐれも盗難や紛失等には注意するべきです。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_