_
_

手形の基礎知識

手形の取立

手形に記載の支払期日になれば、現金化されて資金を受け取ることができます。
通常、手形の取立(受取手形の現金化)は自社の取引金融機関に取立の依頼を行い、取立の依頼を受けた金融機関は、手形交換所を通して振出人の当座預金口座から現金を回収し、期日に自分の口座に資金が入金される流れとなります。
取立委任の際は、手形の他に手形取立帳、手形取立依頼書などの専用用紙が必要なため、予め金融機関にあわせて発行依頼を行っておきます。
また、取立委任の際に取引金融機関に手形取立手数料を支払います。
手形を取立に出す際、手形裏面の裏書き欄に必要事項を記載します。(会社住所・会社名・代表者名・目的「取立委任のため」と記入・銀行届出印を押印)
取立委任は支払期日前であればいつでも構いませんが、手形の支払呈示期間は支払期日を含めて3営業日以内のため、支払期限まで余裕があっても、可能な限り早めに処理をしておくべきです。
呈示期間を過ぎると回収に非常に時間や労力を要するため、手形の期日管理は十分に注意して行いましょう。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_