_
_

手形の基礎知識

白地手形

後で手形取得者に補充させる意思で、手形要件(必要的記載事項)の一部を記載せずに署名して交付された未完成手形のこと。
手形法第1条(為替手形)・第75条(約束手形)は、手形の絶対的記載事項として手形要件を定め、この記載を欠く手形は無効で手形上の権利は発生しないとされています(手形法第2条・第76条)。但し、原因関係となる取引において支払を必要とする金額や時期などが後日確定する場合があり、そのような場合にも手形を振り出す実際上の必要性から商慣習法上白地手形が認められています。成立要件は、「署名の存在」「要件の一部が白地であること」「白地補充権が存在すること」が挙げられます。
手形法第10条では、当初の補充権の内容と異なる補充がされていたとしても、白地手形を交付した者にも責任があることから、取得者に悪意または重過失が無い限りは、補充権と異なる補充をされたとして手形金の支払を拒むことはできない、とされています。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_