_
_

手形の基礎知識

遡求(そきゅう)

手形振出人が期日に手形金を支払えば手形上の債務は消滅しますが、振出人が手形を決済できない場合には、手形所持人は自己の前者である裏書人(遡求されたされた場合に応じなければならない者=遡求義務者)に対して手形金額等を請求できます。これを遡求といいます。手形所持人が支払呈示期間内に適法な支払呈示を行ったにもかかわらず支払が拒絶された場合、遡求権者は手形金額等を遡求できます。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_