_
_

手形関連用語集

電子記録債権

電子記録債権とは、手形や指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権です。(単なる手形・指名債権の電子化ではありません) 電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、その効力発生の要件です。
例えば紙の手形では、作成や管理コストがかかり、分割もできませんが、電子記録債権では、電子データ送受信等により発生・譲渡を行う為、この様なコストがかからず、記録機関の記録原簿で管理する為、紛失や盗難といった心配もありません。分割も可能です。
また、従来の売掛債権では、譲渡対象債権の不存在や二重譲渡といったリスクがあり、譲渡を債務者に対抗するためには債務者への通知等が必要です。その上人的抗弁を対抗されるリスクもあります。一方、電子記録債権では電子記録により債権の存在・帰属が可視化され、これが明確になることで債務者への通知等が不要となり、原則として人的抗弁は切断される、といった利点があります。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_