_
_

手形関連用語集

手形訴訟

手形が不渡となった場合に、金銭の支払請求及びこれに附帯する法定利率による損害賠償の請求を目的とする訴訟のことです。また、その性質上、
「反訴はできない。」
「証拠方法は原則として書証(当事者自身が持つ手形本体)に限る。」
「判決に対して控訴はできない(ただし訴え却下の場合を除く)。ただし、判決をした裁判所に異議申立てができる。」
「原告はいつでも通常訴訟への移行を申し立てることができる。あるいは適法な異議申立てがあれば通常訴訟になる。この判決については控訴できる。」
といったことなどが主な特徴としてあげられます。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_