_
_

手形関連用語集

線引小切手

表面に二本の平行線を引いた小切手のことで、正確には「一般線引小切手」といいます。平行線の間に「銀行渡り」「銀行」「Bank」などの文字が入るのも同じです。
この二本線が入っていない小切手の場合、それを持っている人(持参人)が支払金融機関(小切手に支払地として記入された金融機関)に持参すれば、法律上は誰であっても小切手金額が支払われることになるので、小切手を拾った人や盗んだ人に不正に利用される恐れがあります。
ところが小切手にこの二本線が入っていると、支払金融機関(A)は、自分と直接取引のある人、または所持人から取立を依頼された金融機関(B)にしか小切手金額を支払ってはいけないことになっています。つまり線引小切手を受け取った人が支払金融機関(A)と取引がない場合には、所持人が預金取引(普通預金でも当座預金でも可)をしている金融機関(B)に小切手の取立を依頼します。こうすれば、その小切手は(A)から(B)、(B)から所持人へと支払われるので、誰に支払われたのかが分かり、不正な行為を防ぐのに役立ちます。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_