_
_

金融関連用語集

民事再生法

経済的に窮境にある債務者の事業、経済生活の再生を目的とする日本の倒産法の一つで、1999年(平成11年)12月に成立、2000年(平成12年)4月に施行されました。これに伴い、従来同じ目的で用いられてきた和議法が廃止されました。和議法の手続開始要件が「破産原因のあること」であることに対し、民事再生法では「破産手続開始の原因の生ずるおそれ」または「事業の継続に著しい支障を来すことなく債務を弁済できないこと」とされており、より早期に手続を開始することができるようになりました。株式会社その他の法人、また個人も利用することができ、経営陣の刷新が必須でない点などで会社更生法と異なっています。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_