_
_

金融関連用語集

期限の利益

期限が到来するまでは履行遅滞とならない、あるいは債務の履行を強制されることがない、という契約当事者の利益。期限の利益は債務者が有するものと推定される(民法136条)ため、債務者は期限の利益を放棄して、期限が到来する前に債務の履行等を行うことができるのが原則です。

0120-5104-19 03-3562-4005 メールはこちら
_