平成最後の営業日

期日が「令和」で表示されている手形の割引のお持込みが多く見られるようになったと思ったら、既に振出日まで「令和1年5月」付の手形が登場しました。

なんとなく「平成」の字面が古く見えるようになってきましたが、「平成」が「令和」になろうとも元号の読み替えという面倒な作業が一つ増えるだけで何も変わるわけではありません。今まで通り昨日が今日になって明日になる。期日が来れば支払受取が行われる。

おかげさまで10連休前にたくさんの手形割引のお持込みをいただいております。

今日は、銀行も混雑するでしょうが、東信商事の手形割引なら簡単に早く手続きができます。また、連休明けも東信商事では多くの手形割引のお持込みが予想されますが、社員一同万全の準備でお待ちしております。

では皆さま良いゴールデンウイークを!


佐藤

投稿日: