八重洲の由来

八重洲②.jpgおはようございます。

東信商事は東京都中央区京橋2丁目、昭和通りと鍛治橋通りの交差点角地に所在しております。最寄駅は、東京メトロ銀座線・京橋駅と都営地下鉄浅草線・宝町駅です。その他、JR東京駅(八重洲口)からも徒歩圏にあります。

その東京駅前の地名にもなっている「八重洲」の由来は、オランダ人のヤン・ヨーステンで、乗っていた商船が西暦1600年に豊後の海で難破、そのまま日本に住みつき徳川家康の信任を得て外交や貿易について進言をする役目につきました。その江戸屋敷が和田倉門外の堀端にあったので、後にその名にちなんで八代洲(やよす)河岸と称せられ、さらに八重洲となった、といわれています。

JR東京駅八重洲地下街には、ヤン・ヨーステンの記念像があり、その歴史を知ることができます。

今月も皆さまからの手形割引・でんさい割引のお問い合わせをお待ち致しております。

営業グループ・元澤